西三河

アクセスカウンタ

zoom RSS 平城京の南端を巡る 梅小路公園の梅 〜 京都48 その2

<<   作成日時 : 2017/02/27 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

平城京の南端を巡る 梅小路公園の梅 〜 京都48 からの続きです
大師堂の入り口 大師堂は修復工事中です
画像

毘沙門天堂
画像

不動明王護摩供修法所
画像

画像

三面大黒天堂
画像

大師堂の修復工事現場
画像

画像

大日堂横にプレハブの仮御影堂が設置され中に大師坐像が鎮座されていました

拝観料を支払い有料部分に入ります
画像

講堂から入ります 写真撮影は禁止ですが数多くの大きな仏像に圧倒されます
画像

金堂に入ります 講堂とは違いおごそかな空気が漂っています
画像

金堂から講堂を臨む
画像

いよいよ五重塔です
画像

画像

入り口で丁寧な説明を受け注意事項(背負いのリュックは腹側にしてくださいなど)を受け内部に入ります
画像

四面の側柱の八大龍王図はこすられたように剥げています
狭いので背側となる柱に背負いのリュックなどが当たったから?だから腹側に移す注意事項になったのか?
国宝、文化財の公開は慎重になるのでしょうね

五重塔内部を拝観し境内に戻ります
画像

画像

画像

東寺を象徴するしだれ桜 春に来たいです 無料部分からもお勧めポイントですね
画像

北門から出ました
画像

北総門から針小路通りに出ます 門横には不動明王の祠があります
画像

画像




その3に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
狭いところはリュックも前にしないといけないのですね。きをつけないと。海を渡るときに助けた不動明王さんも弘法さんゆかりのお寺の近くにあるのですね。
かのこ
2017/03/01 07:11
僕も十数年ぶりに訪れましたが大きなしだれ桜の記憶がありません
きっとバスツアーだったからでしょうか?
重文、国宝の公開時は色々気をつけないといけないと思います
次代へ残すべき大切な国民の財産です
せきあ
2017/03/01 08:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
平城京の南端を巡る 梅小路公園の梅 〜 京都48 その2 西三河/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる