西三河

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍清明の終焉地巡りと三十三所参り 〜 京都72 その3

<<   作成日時 : 2017/07/10 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍清明の終焉地巡りと三十三所参り 〜 京都72 その2 からの続きです
松原橋に到着
画像

鴨川上流を臨むと心光寺の住職の言葉通り中の島があったように少し川幅が広がって見えます
晴明は、鴨川の氾濫を五条橋(現在の松原橋)で呪文を唱えて、五条橋東北の中洲に、法城寺を建立した
法城寺の法は水が去り、城は土が成るという意味を持つとか
そして清明公は、この寺に葬られ祠が建てられ、木像が祀られた。墓は晴明塚といわれたという
画像

京都の季節を目で感じる川床です
画像

松原通りは清水寺の表参道です
途中に愛宕念仏寺跡地の石碑があります
愛宕念仏寺は、平安遷都前に称徳天皇が建立し、当時は愛宕寺(おたぎでら)と呼ばれていました
しかし、愛宕寺は平安時代の初めに鴨川の洪水により流されてしまいました
愛宕寺が再建されたのは、平安時代中期で、再建した上人は、生涯念仏を唱えて絶えることがなかったことから念仏上人と呼ばれ、いつしか当寺も愛宕念仏寺と称するようになりました
それから約1000年の時が過ぎ、愛宕念仏寺は堂宇の保存と愛宕山の信仰との関係から愛宕山のふもとの現在地に移されました
画像

松原通りはこんな感じ
画像

五条坂と合流すると一気に人が増えます
画像

相変わらずすごい数の観光客です 仁王門
画像

三重塔
画像

本堂入り口からの子安塔
画像

本堂で読経し納経しました 本堂は大勢の人が寝転んでいました?同じように広い本堂の本願寺ではない光景がありました
舞台からの子安塔と音羽の滝
画像

画像

京都タワーを見ると何故か「京都タワーだっ!」ってなりますね
画像

茶わん坂は人が少ないですね
画像

湿気が高く気温も高く暑い一日です 茶わん坂側の茶店でかき氷を食べました イチゴミルク500円
画像

お店の人が「もうすぐ雨が降るよ。縁台の毛氈をビニールに交換して」とバイトの従業員に指示しています
空を見上げると本当にすぐ降ってきそうです
画像

七条駅まで歩こうと出かけましたが京都国立博物館手前で土砂降りとなり博物館で雨宿りです
なかなか止まないので博物館前のバス停からバスに乗り京都駅まで帰りました

今日の授与品は
大蓮寺さんの御朱印帳と御朱印帳入れ
画像

御朱印は、100回忌の今年限定の印付き
画像

西国三十三所の3ケ所の御朱印
画像

第十七番札所の六波羅蜜寺を忘れていました



その1は → こちら
その2は → こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
よく愛宕寺を探されましたね。観光地ではないところはこんな感じになってしまうのでしょうか。音羽の滝も上から見れるのですね。そう、高い建物は、塔が見える、と遠くから見るとうれしくなります。帰りは夕立にあわれたようで。梅雨、夏の一日でしたね。お風邪をひかれないように。
かのこ
2017/07/11 06:51
松原橋から鴨川上流を眺めると中の島が目に浮かんできました
清明が治水を念じた場所と思うと背筋がピンと張ってきました

土曜は本当にムシムシとした暑い日でした
かき氷の美味しかった事
でも2日連続の夕立の豪雨で大変な目にあいました
せきあ
2017/07/11 08:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍清明の終焉地巡りと三十三所参り 〜 京都72 その3 西三河/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる