西三河

アクセスカウンタ

zoom RSS 草津宿から大津宿 壬申の乱巡り 〜 京都127

<<   作成日時 : 2018/05/28 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

「大友皇子を想う」巡りでまだ見落としている場所があるので膳所、唐橋近辺を巡る計画をしましたが、歩数を延ばすため旧東海道巡りと合わせました

9:23 草津駅に到着。ウォーキンググループが集まっています、どこに行くのでしょうか?
画像

中山道の説明看板がありました。旧東海道は???
画像

アーケードを進みます
画像

アーケード屋根と同じ高さの、草津川隧道が正面に現れます
画像

隧道?川?なんだろうと思い、横から上がれるので上がりました
de愛ひろば
画像

きれいな広場となっています
画像

画像

隧道の先を眺めます
画像

下に降りると、高札場があり、ここは天井川とあります
画像

ここは中山道と東海道の追分です
画像

画像

昔の絵と写真が説明看板にありました
画像

明治4年に活躍していたポストと同じポストが今でも稼働しています
画像

画像

9:37 草津宿本陣に到着
画像

共通券(史跡草津宿本陣・草津宿街道交流館の両施設)350円を購入し内部の見学をしました
屏風、襖、資料、調度品など撮影禁止でしたが見どころ満載でした
画像

画像

画像

9:56 交流館に到着
コスプレ撮影が出来る部屋がありました
画像

ジオラマが精密に作られており感心しました。追分の地点
画像

街道沿いの造り酒屋さん
画像

10:22 立木神社に到着
画像

御祭神である武甕槌命が常陸国(茨城県)の鹿島神宮を白鹿に乗り旅に出られ、諸国を経てこの地に到着されましたという由緒から境内には神鹿、狛鹿が祀られてます
画像

画像

画像

画像

画像

画像

10:32 草津川にかかる、矢倉橋
画像

姥が餅屋旧跡
画像

矢倉の案内看板
画像

さつきが満開です
画像

分かれ道の電柱には旧東海道の案内が掲げられているので迷う事はありません
画像

10:50 野路一里塚跡に到着。東屋が有る小さな緑地となっています
画像

画像


その2へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は東海道もめぐりながら、大友皇子の遺跡を歩いたのですね。
東海道と、中山道、分岐点でもあり、天井川もある複雑な地形、街、交通の要でもあったのですね。
知らないことばかり。
ポストもここから出すとなんだかタイムスリップしそうです
かのこ
2018/05/29 07:05
かのこさん
豊川から岡崎の旧東海道は何度か歩きましたが、こんな近くに趣のある旧東海道がある事を知り出かけました
民家の屋根よりも高い位置に流れる天井川
氾濫したら全て水没しますよね
当時は大変な生活だったのではないかと思いました
せきあ
2018/05/29 08:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
草津宿から大津宿 壬申の乱巡り 〜 京都127 西三河/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる