西三河

アクセスカウンタ

zoom RSS 知立の山車文楽とからくり 〜 知立市

<<   作成日時 : 2018/05/03 18:42   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

1990年に国指定重要無形民俗文化財
2016年にユネスコ無形文化遺産
に登録された知立の山車文楽とからくりが知立神社のお祭りに合わせ開催されました
知立神社の祭礼である「知立まつり」は、初夏を飾る一大風物詩で、1年おきに本祭りと間祭りが5月2日、3日に行われます
今年は本祭りの年なので文楽とからくりが上演されます
画像

知立駅を出て、途中の知立古城址
画像

了運寺さん
画像

本多忠勝の立ち葵が寺紋
画像

宮入りの待ち時間
画像

宮入りが終わり境内に入ります。すごい人です
画像

5台の山車が並んでいます
画像

表側に廻ります
画像

これから山車文楽とからくりが始まります
画像

画像

山町の山車から文楽が始まりました。演題は、日高川入相花王
遠くて写真が撮れませんでした
次は中新町の鎌倉三代記
画像

本町の壺坂観音霊験記
画像

画像

西町のからくり、一の谷合戦
画像

画像

最後は宝町の傾城阿波の鳴戸
画像

山車の装飾も豪華です
画像

画像


始めて見た知立まつり
山車文楽とからくりが見れた本祭り
始めは遠く良く見えなかったですが文楽演題の物語の内容に惹かれ全て見てしまいました
良かったです

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
行かれたのですね。人多かったでしょう。でも写真上手に撮れていますね。
私は宮入りの時、宝町の山車のあとをずっと歩いていましたよ。
文楽もからくりも上演するのが特徴ですね。以前も見ていますが、内容がよくわからないので、年1度パティオで専門家の解説付きで上演するのを見に行っていました。床本も無料でもらえましたよ。
演目の壺阪寺は奈良の西国三十三所でもあるので、
一度訪れたいと思っています。
きれいな写真のブログありがとうございました。お疲れさまでした
かのこ
2018/05/03 21:53
文楽とからくり楽しかったです
昔の人は残酷だったんだなぁと思いました
からくりでは槍で人を突き刺した後投げ落としたり、人の顔を切り付け顔が血だらけの真っ二つになったりとすごい迫力でした

壺坂寺は飛鳥の南にありますね
境内には霊験記の像もあるようですね
せきあ
2018/05/04 07:15
このお祭り、面白そうですね。
山車もさることながら、このお人形がすごい
文楽とからくり、興味深いです。
見たことはないのですが、高山祭りと似ているのでしょうか?
でも、こちらの方が演目が本格的。
いちど見てみたいものです。
biore-mama
2018/05/09 22:43
biore-mamaさん
高山祭では、からくり山車が有名ですが知立祭では文楽山車がメインなので少し違いますがいずれも絢爛豪華な山車を練り神社で文楽やからくりを奉納するお祭りです

演目の内容に轢かれ2時から5時まで立ち続けでしたが終わりまで見てしまいました
せきあ
2018/05/10 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
知立の山車文楽とからくり 〜 知立市 西三河/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる