西三河

アクセスカウンタ

zoom RSS 天王山の戦い 明智光秀本陣 淀城址を巡る 〜 京都129

<<   作成日時 : 2018/06/05 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2020年 大河ドラマ(第59作) 麒麟がくる
大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光があてられます。
ドラマでは出てこないと思われる光秀の最後の舞台、天王山の戦いと娘のお玉を巡りました

9:12 長岡京駅に到着。東口駅前には鉄道車輪と車両が展示されています
画像

画像

画像

画像

ガラシャ通りを南下します
画像

小学校のフェンス脇に神足遺跡の看板があります
画像

その先に神足神社の案内と勝龍寺城の土塁と空堀跡があります
画像

画像

画像

画像

詳しい説明看板があります
画像

画像

画像

画像

画像

南に表参道があるので表から入り直しました。式内神足神社
画像

カエルの声が響く穏やかな空気が流れる境内です
画像

画像

画像

画像

隅櫓が目に飛び込んできました
画像

画像

西に廻り込むと正面入り口となります。丸々と太った鯉がたくさん寄ってきます
画像

画像

ここは勝龍城址、1563(永禄6)年に明智光秀の三女として生まれた玉は1578(天正6)年8月、織田信長の媒酌により明智家の与力 細川藤孝の嫡男 忠興と16歳同士で勝龍寺城にて祝言を挙げました。
2人は信長にも「人形のように可愛い夫婦」と称され、翌年に長男、翌々年に長女を授かり、幸せな生活を送りました。
2年後に領地替えで丹後の宮津に移りますが、その2年後に玉にとっては青天の霹靂とでも言うべき「本能寺の変」が起こり、境遇は一変します。
光秀は以前からの盟友である藤孝・忠興父子に加勢を求めるも、藤孝は剃髪して弔意を表し、忠興は光秀の誘いをきっぱりと断り、玉を生まれたばかりの子どもから引き離し、丹波国の味土野に幽閉しました。
玉がキリシタンに傾いたのは、その翌年の1587(天正15)年2月でした。復活祭の日に教会を訪ね、スペイン人宣教師セスペデスから説教を聴きました。
侍女 清原マリアを介して教義を学び、敬虔なキリシタンに変身し、同年8月、神の寵愛を意味する「ガラシャ(Gratia)」なる洗礼名を授かりました。
画像

画像

画像

城址というより勝竜寺城公園なので興味を惹くものは無かったです
画像

画像

勝龍寺に向かいます
9:55 南向きの表の入口は勝龍寺と春日神社が隣り合っています
画像

勝龍寺
画像

画像

画像

春日神社。狛犬が土製で独特な顔付です
画像

画像

画像

ガラシャ通りと恵解山通りが交わる地点に大門橋跡があります
画像

恵解山通りを進むと川が合流する地点が見えます。その地点に行くとミニ鴨川デルタがありました
画像

画像

10:15 恵解山古墳を見下ろせる東海道線の陸橋があるので登ってみました。説明看板があります
画像

画像

画像

下に降り回り込みます
画像

画像

画像

天王山と男山の位置関係が分かります。ここが光秀の本陣だったという説もあるようです
画像

画像


その2へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ガラシャ夫人、どんなところでお生まれになったかよくわかりました。信長にも祝福されたというのが印象的ですね。
天王山、遺跡も、都も川もあり、古代から重要な拠点というのが伝わってきます。天下分け目が関ケ原でないのも。光秀から秀吉に変わっていきますね
近くにいっているけど訪れていないので興味を持ちました
かのこ
2018/06/06 06:20
かのこさん
長岡京は先日西の長岡天神辺りを巡りましたが東側にこのような遺跡、遺構が残っているとは思いませんでした
明智光秀に関する巡りも出来て良かったです
日差しは強いですけどまだ夏本番前なので気持ちの良い汗をかく事が出来ました
せきあ
2018/06/06 08:05
京都・滋賀には 光秀を辿る
遺跡足跡が あちこちに遺っている
のですね。先日 亀山城を訪ねてから
なおいっそう光秀ファンになった私です。

諸説あるものの 今も謎のままである
光秀が本能寺の変を起こした真の動機
光秀から そっと聞きたいような
気持ちになります。
教養豊かな文化人であったこと、
愛妻家であったと伝わること、
などなど
ますます 光秀への興味が深まる
ばかりです。

カワセミ
2018/06/07 21:27
カワセミさん
亀山城、隣接の植物園の記事は大変参考になりました
天王山の戦で敗れ逃げ落ちた遺構を巡る事が出来たので次回は本能寺への出陣の遺構巡りと帰りたかったであろう坂本城の遺構巡りを考えています
僕も、光秀への興味は尽きないです
せきあ
2018/06/08 08:21
勝龍時城の址って、こんな風に残っているんですね!!
長岡京市のこの辺りは、まだ訪れたことがないです。
神足神社も、由緒もありげで気になりますね・・・
biore-mama
2018/06/10 13:16
biore-mamaさん
勝龍寺城址の隅櫓が突然現れるのでちょっとビックリしました
城址としては狭すぎですがお城の雰囲気は出ています
事務棟の2階の細川ガラシャの展示は、かなり物足りなかったのでもう少し充実して欲しいです
せきあ
2018/06/10 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
天王山の戦い 明智光秀本陣 淀城址を巡る 〜 京都129 西三河/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる