三河新四国八十八ケ所参り 2巡目 ~ 三日目 その3

三河新四国八十八ケ所参り 2巡目 ~ 三日目 その2からの続きです
お遍路以外の今日の最後の目的地は井田野の戦い跡です
大樹寺の草創と言われる西光寺を目指します
画像

画像

家康公が大樹寺に逃げ帰り追ってきた織田軍と戦い倒れた大樹寺の僧侶の大衆塚
画像

画像

【大樹寺の草創】
成道山松安院大樹寺は、安城城主、松平左京亮親忠法名大胤西忠が真蓮社勢誉愚底を開山と
して、文明7年2月22日に創建した浄土宗の寺院です。
創建のいきさつはこのように伝えられています。
応仁元年8月23日、尾張品野、三河伊保の軍勢が多数で井田野に攻めました。
親忠は500騎程で伊賀村の東いらご縄手で迎え撃ちこれを撃破、細川、大沢まで追撃して
潰走させました。
このときの戦死者を葬った塚は首塚とも千人塚とも呼ばれ、その後も戦死者達の亡霊が騒ぎ
出し、塚がしきりに鳴動して近辺に悪病が流行します。
この亡霊を弔うために親忠は塚のほとりに念仏堂を建て、宇祢部郷福林寺の住職を招いて
7日間の別時念仏を修し、その功力で亡霊を鎮めました。
この念仏堂が後の鴨田西光寺で、菩提寺として大樹寺が建立しましました。
画像

画像

千人塚
画像

50m?100?位かな すぐに到着
画像

画像

画像

第二十五番札所 第二十六番札所 の持法院を目指します
画像

画像

第二十七番札所 第二十八番札所 の浄誓院を目指します
三河三十三観音の札所でもあり岡崎三十六地蔵の札所でもあります
画像

庵主さんとやっとお会いできましたので岡崎三十六地蔵について聞く事が出来ました
「三十六地蔵尊様は多分御本尊向かって右の大師様の横に居られる抱き地蔵さんだと思います」
やっと分かりました、また後日お参りに来ます
三河三十三観音の第五番札所の松応寺にもお参りしました
画像

梵鐘を紹介します
画像

画像

画像

第二十九番札所 第三十番札所 の安心院を目指します
残念17時でしたので明日お参りにします
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

かのこ
2015年05月17日 21:49
大樹寺は浄土宗だったのですね。そんな由来のお寺とは知りませんでした。何度も廻ってもいろんな情報を得ることができるのですね。
2015年05月18日 06:35
何度もお参りして新たな発見が出来る
お参りの別の楽しみ方です

この記事へのトラックバック