三河新四国八十八ケ所参り 2巡目 ~ 三日目 その1

三日目は二日目の続き愛知環状鉄道末野原駅から第二十一番札所、第二十二番札所の大樹寺を目指します
画像

雨が止むのを待ち出かけたので今日はどこまで行けるかなぁ
末野原から鴛鴨町に入り目的地の一つ、鴛鴦山 遍照寺 ここは三河西国三十三観音の第三十番札所です。
画像

本堂と観音堂
画像

画像

しっかり閉められており、お参りも出来ません
山門を出るとすぐに小さな祠がありました
画像

役行者様が祀られていました
画像

途中で
画像

牛頭(ごす)天王を祭る祠跡として塚が築かれたという
画像

画像

鴛鴨松平家の墓所に偶然たどり着きました
於美津の墓
画像

画像

榊原清長、長政の墓所
画像

画像

画像

徳川家康公、井田野の戦いこれから巡る目的地を暗示しているかのようです
鴛鴨松平家の菩提寺である隣松寺は墓所の南に位置します → 隣松寺
もう一つの目的地が近づいてきました
画像

画像

1460年頃、深津藤太夫の名がある。鎌田氏を称していたが、11代鎌田光頼の時、深津氏に改称して初代となる。藤原重次を経て、深津正次の時、1563年「三河一向一揆」で家康公に従事したが、佐々木にて討死。次の政利は、松平宗家8代広忠、9代家康公に仕えたと云う。
画像

いよいよ徳川家康公渡船の所碑です
画像

三面には、いわれが刻まれています
画像

画像

画像

永禄3(1560)年5月1日「桶狭間の戦い」で、今川義元討死を聞いた家康公(当時は、松平元信)は、大高城を脱し、刈谷城主家臣の案内で、鳴海から地鯉鮒(知立)、隣松寺(配津村)を経て、配津村の神退より、配津村の船頭の案内で矢作川を渡り、5月21日無事に大樹寺に着きました。時に家康公19才の時でした。家康公を案内し、舟で仁木村へ渡した船頭は、銀銭3文と長刀一振の書付を頂いたとあります。
ここは鎌倉街道です。東海道はまだ無い時代、鎌倉から京都へ続く街道です。
渡船した今の矢作川。東名高速の橋があります。左には三河富士とも言われる村積山。
画像

大樹寺での有名な話につながる地です
その2へ続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

かのこ
2015年05月17日 21:34
大樹寺へ行く間こんなに史跡があるのですね。鎌倉街道、刈谷、知立、豊明の二村山あたりにあって、興味あるのです。この辺りは昔から道だらけなのですね。
2015年05月18日 06:32
道に迷ったりしましたが目的地を巡る事ができて良かったです
井田野の戦いに繋がる史跡にも触れられて満足でした

この記事へのトラックバック