芸術の秋とちょっと早かった萩巡り ~ 京都201

ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─
とても見たい仏像が展示されており、土曜日が無料観覧日となっていたので出かけました

見たいと思った仏像は、宝誌和尚立像です
画像まとめは → こちら

宇治拾遺物語』巻9には、昔、中国に宝志和尚という聖者あり。大変尊敬された聖者であったため、帝が「かの聖者の像を、影(肖像)として残そう」と述べられ、3人の絵師を遣わし た。1人の絵師なら、写し誤ることもあるから、という意味で、3人が個々に描くように、帝は命じられた。3人は宝志の所に参じ、帝の命を伝えた。すると、 宝志は「暫し待て」と言い、僧服を着して戻った。3絵師が、描画の用意を整え、3人そろって筆を入れようとしたところ、宝志が「暫し待て。我が真影がある。それを見て描写せよ」と言った。3絵師が見ている間に、聖者の顔を見ると、親指の爪を用いて、額の皮を裂き切り、その皮を左右に引きひろげ、金色に輝く菩薩の面相を現した。 1絵師には十一面観音に見え、1絵師には聖観音と見えた。各自が見えたところを写し取り、帝に献上した。帝は大層驚き、別の使者を派遣して様子を伺った。 すると、宝志は突如姿をくらました。それより、人々は、宝志は常人ではなかったのだ、と言い合うようになった、と伝えられている。
人は誰でも体の内に仏が宿り、そして生きたまま仏と化すという教えを表現しているのだとか。

萩の花にはすこし早いかと思いましたが確認のため巡ってみました

8:55 出町柳に到着。今日も残暑が厳しい~
DCF00001.JPG
萩の寺常林寺さんの公開が始まりましたが拝観は10時からでした
DCF00002.JPG
萩の花は咲始めでした
DCF00003.JPG
DCF00004.JPG
賀茂大橋からの眺め
DCF00009.JPG
9:15 梨木神社に到着。ここの萩の花はまだ咲いていませんでした
DCF00011.JPG
DCF00012.JPG
寺町を下ります
寺町御門横の大きな百日紅
DCF00018.JPG
京都市歴史資料館。藤原定家卿の念持仏と伝えらている千手観音像が見たかったので立ち寄りました
DCF00019.JPG
行願寺(革堂)。フジバカマはまだでした
DCF00020.JPG
9:55 新京極のアーケード。各店の開店は11時です
DCF00021.JPG
10:10 松原橋からの眺め
DCF00022.JPG
10:30 京都国立博物館に到着
DCF00023.JPG
煉瓦造平屋建て、フレンチルネサンス様式の建物とその外構も素晴らしい
DCF00024.JPG
DCF00029.JPG
DCF00034.JPG
京博寄託の名宝の展示は素晴らしかったです。それぞれの展示物は二重三重の人垣が出来ていました
魂抜きがされているはずですが暖かい気が感じられる宝誌和尚立像を間近で見る事が出来ました
DCF00027.JPG
京都駅まで出て近鉄で丹波橋駅に向かいました
12:05 勝念寺さんに到着。萩の花はまだ咲いていませんでした
DCF00035.JPG
DCF00036.JPG

萩の花は例年通り今月末が見頃と思いました
芸術の秋、特別公開された仏像など鑑賞する事ができ、心の洗濯が出来ました
しかし、この残暑は異常ですね。秋の気配を感じてしまった身体にはこたえますね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月10日 21:17
お暑い中、今回もかなりの距離を歩かれましたね。
残暑、堪えます・・・

国立博物館、名宝の展示の時に無料開放の日が重なるなんて
ラッキーでしたね。
萩、ちょっと早かったですか。
まだ真夏並みですものね。
月末、楽しみですね。

2019年09月11日 07:59
biore-mamaさん
今年の残暑をなめてはいけませんね
今回歩いた距離は真夏でも大丈夫でしたが今年の残暑の下では身体にこたえました
バテバテというのはこの事を言うのでしょう、何度もコンビニに入りクールダウンしました

京都国立博物館の企画展にしてはお安い観覧料ですが無料なので出かけました
見たかった仏像が見れて満足しました
pero
2019年09月11日 18:23
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
2019年09月12日 08:01
peroさん

ありがとう~
かのこ
2019年09月14日 15:53
京都博物館、安い拝観料500円でしたが、見ごたえたっぷりなのですね。
人ごみで参ってしまってなかなか見れないのが私です。体内に仏の心があるそんなテーマをもってみるのですね。
秋の花の京都、やはり、今月末がみごろなのかな。
名古屋に研修で、名城公園の萩もみたけど、まだつぼみ。家のフジバカマもまだ花芽がでたところです。
あつい日が続きました。休みに研修 レポート書き今週は会議で毎日資料読み、などしていたらバテバテになり、早く寝る日々でした。お月見も今年はねてしまいました。大覚寺の池が気になったけど。残暑の方がこたえるのかな。
2019年09月18日 07:56
かのこさん
超多忙な毎日を過ごされているんですね
記事を見ていると定期的に上手にリフレッシュされているようですね

厳しい残暑も終わりを告げる今日この頃ですが、冬はゆっくり来て欲しいですね