ほていまつり 萬福寺 ~ 京都202

萬福寺では2月と8月を除く毎月8日、布袋尊(弥勒菩薩)の縁日(生誕・降臨の日)に因んで、「ほていまつり」を開催しております。手作り市を中心に、法要、お茶席、音楽演奏など内容も毎回充実しております。
入山料も一般は無料となります

8:35 宇治橋西詰の紫式部像
DCF00040.JPG
かげろうの道から黄檗に抜ける雰囲気の良い道
DCF00041.JPG
DCF00042.JPG
DCF00043.JPG
原っぱに赤門が出現します。裏寺町の正覚寺さんがビルに建て替えられた時に設置出来なくなった赤門がここに仮置きされています
DCF00044.JPG
DCF00045.JPG
正法寺さんの山門も同じようにポツンと建っています
DCF00046.JPG
9:00 隼上り2号墳
DCF00047.JPG
DCF00048.JPG
9:20 萬福寺さんに到着。門前市が開かれています
DCF00049.JPG
三門周りにも市が開かれています
DCF00050.JPG
布袋様にお参りします
DCF00056.JPG
DCF00053.JPG
布袋様の後ろに立つ韋駄天様。イケメン仏像で今話題となっています
DCF00055.JPG
DCF00054.JPG
本堂
DCF00058.JPG
DCF00059.JPG
釈迦如来坐像の周りに十八羅漢像が祀られています
昨日見た「宝誌和尚立像」を思い出させる「羅怙羅尊者」
腹を切り開いている姿は、どんな人間の心にも仏が宿っているという教えを伝えるためなのです
DCF00060.JPG
色々な動きをしている羅漢さん
DCF00062.JPG
DCF00063.JPG
DCF00064.JPG
開梆
DCF00065.JPG
回廊の石床
DCF00066.JPG
DCF00067.JPG
卍の勾欄
DCF00068.JPG

7月に初めて訪れた萬福寺。再度の訪問でしたが中国を思わせるお寺は興味深く色々なものが新鮮でした


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月10日 21:23
どんな人間の心にも仏が宿っている・・・
昔は字の読み書きが出来ないヒトもいたでしょうから
誰が見ても、その教えが分かるように・・・ということなのでしょうか。

万福寺は、なかなか興味深い面白いお寺ですが
境内は広いのとあまり観光客で混んでいないのがいいですね。
仏像も、個性的でシルクロードを彷彿とさせますね。
2019年09月11日 08:03
biore-mamaさん
そうですね、人間の心にも仏が宿っているという教えの仏像を二日連続でお参りする事になりました
僕の心にもあると信じ少しですが人の役にたちたいと行動するよう努めていきます
2019年09月11日 18:22
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
2019年09月11日 21:40
こんばんは
久しぶりに訪問させていただき、少し遡って拝見しましたが
相変わらずよくお歩きになっていますね。
萬福寺は普茶料理の事しか頭になく、信仰心のない
自分が恥ずかしくなりました。
(まだ行けてないのです)

カメラクラブに入っている友人から、宇治で写真を撮りたいと
案内役を頼まれました。
早く涼しくなってほしいものです。
2019年09月12日 08:02
peroさん

ありがとう~
2019年09月12日 08:04
つばささん

残暑が厳しくて最近は少し歩いただけで気が滅入ります

カメラクラブのお友達に宇治の良いところを紹介してください
僕の記事も参考にしてください
かのこ
2019年09月14日 16:08
萬福寺さんへ行く道などなつかしい。門も確か京都の寺町のあたりもあったような。
萬福寺さん、冬の寒いときにおとずれて、広さに驚き、布袋さま、韋駄天様にお会いしました。実際音をだすのをみて鐘とは違う迫力におどろき、回廊、伽藍
中国様式の萬福寺をめぐりました。大きくて一度に紹介できない広さですね。
2019年09月18日 07:59
かのこさん
広い寺院は、見落としが多く何度も行かないといけないですね
韋駄天様もイケメン仏像と言われてるのを知り再度の訪問でじっくりとお顔を拝見する事が出来ました
皆さんよくご存知と感心するばかりです