京都府木津川市 2019秋 秘宝・秘仏特別開扉 ~ 京都212

山背古道で気になってた寺院の特別公開があったので出かけました

木津川市特別公開のお知らせは → こちら

8:25 棚倉駅に到着。駅前は山背古道です
DCF00001.JPG
山背古道を南下しJRガード先を左に曲がります
DCF00008.JPG
和泉寺
DCF00007.JPG
DCF00004.JPG
DCF00005.JPG
三蔵法師の像が祀られています
DCF00006.JPG
住宅街を抜けると山道に入ります。その入口には「イノシシ出没注意」の立て看板
DCF00003.JPG
山道はこんな感じです
DCF00002.JPG
1分も経たないうちに横から1m超えのイノシシが出てきました!
イノシシも驚いたでしょうが僕も驚きました!!
藪に入るイノシシが振り向きました!!!目を合わさないよう背を向けないよう後ずさりしました
イノシシは藪に入って行きましたが、この先また遭遇するかもしれないと思い急いで引き返しました!!!!

8:55 踏切越えの車道から目的地を目指します
DCF00009.JPG
踏切を渡るとすぐに神社の参道入口がありましたが、さっきのイノシシを思い出し怖くなったのでお参りはあきらめました
DCF00021.JPG
橋を渡ります
DCF00010.JPG
茶畑と田んぼが広がる日本の原風景です
DCF00011.JPG
9:20 腰折地蔵さん
DCF00012.JPG
Y字を右に行きます
DCF00013.JPG
コスモスと鈴なりの柿の実
DCF00014.JPG
曲がり角には神童寺と一緒に看板があった「うお亀」さん
DCF00015.JPG
9:25 神童寺に到着
DCF00016.JPG
DCF00017.JPG
拝観料500円を納め、住職より本堂でご本尊の蔵王権現王の説明を受け、裏山に建つ収蔵庫まで案内を受け内部の仏像の説明を受けました
DCF00049.JPG
DCF00050.JPG
収蔵庫には藤原時代の仏像が大切に祀られています。いずれも様式など日本に数体しかない貴重な仏像という事です
イノシシ、サル、シカなどの害獣被害も多いので本堂も収蔵庫もしっかりと閉ざされていますが、祈祷寺なのでお参りに来られればいつでも対応して頂けるという事です
貴重な仏像を間近で見れ感動しました。特に白不動は京都検定1級の問題となったという事です
奈良の吉野山と密接な関係を持つ修験道の霊地、境内には気が漂っています
DCF00018.JPG
DCF00019.JPG
DCF00020.JPG

次のお寺を目指します。10:25 同じ道を戻り棚倉駅前に到着
DCF00022.JPG
DCF00023.JPG
天井川の不動川
DCF00024.JPG
奈良線の脇を歩きます
DCF00025.JPG
10:42 古民家カフェの「蟹印」
DCF00026.JPG
DCF00027.JPG
10:45 蟹満寺に到着
DCF00028.JPG
DCF00029.JPG
DCF00030.JPG
拝観料500円を納めご朱印をお願いして本堂でお参りします。ご本尊は白鳳時代の丈六サイズの金銅仏「釈迦如来坐像(国宝)」です。自動アナウンスのボタンを押しお寺の由緒を聞きました
白毫も螺髪も付けない人間らしいお姿、指には水かきがはっきりと見られます。時を忘れ見入ってしまいました
DCF00047.JPG
DCF00048.JPG
蟹が付くお寺なのでいたるところに蟹が居ました
DCF00034.JPG
DCF00033.JPG
DCF00032.JPG
DCF00031.JPG
隣に建つ式内社の綺原神社
DCF00035.JPG
棚倉駅前の和伎坐天乃夫支売神社 (涌出宮)も式内社、山背古道は太古から奈良と京都を繋ぐ重要な街道であった証です

11:15 八頭竜王に到着。横を流れる天井川の渋川の氾濫被害から村を守る竜王が祀られているのでしょうか?由緒書が無いので不明でした
DCF00036.JPG
DCF00037.JPG
DCF00038.JPG
裏山の斜面に小さな祠が沢山祀られています、何でしょうか??
DCF00039.JPG
DCF00040.JPG

11:25 六角井戸(橘諸兄別邸跡)に到着
DCF00041.JPG
DCF00042.JPG
DCF00043.JPG
11:40 玉水駅に到着。42分発のみやこ路快速に飛び乗りました
DCF00045.JPG

「京都府木津川市 2019秋 秘宝・秘仏特別開扉」というイベントを見つけ、神童寺に行く決心がつき行動に移す事ができました
いきなりイノシシに出くわし、どんな日になるのか不安になりましたが貴重な仏像を間近で拝観が出来て感動しました

蟹満寺のご朱印。はさみ紙にも「蟹」が居ました
DCF00046.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

かのこ
2019年10月29日 21:49
猪には私もびっくりしました 熊もそうですが猪も油断ならないものですよね
よくご無事で。車と衝突して車がだめになってしまったという話も聞きます イノシシの柵を山で見ましたがやはり守るための大事なものですね
蟹のお寺はとてもかわいくて興味がわきます 
恭仁京もあったお古い地域、お寺も仏像も歴史あるものが公開されているのですね まだ公開をやっているのですね。海住山寺もいってみたいです
2019年10月30日 08:22
かのこさん
奈良と京都の中間地点の木津川市
奈良ほど古くなく京都ほど新しくなく史跡、文化財など見応えがありました
海住山寺の公開も行ってみたいです
2019年11月10日 21:21
神童寺さんは初めてお名前を伺うお寺さんですが、なかなか由緒がありそうですね。
京都と奈良を結ぶ山背古道、歴史のロマンを感じます。
イノシシにはビックリでしたね!!!
やはり、近くで遭遇したら怖いです。
ご無事で何より。
2019年11月11日 08:00
biore-mamaさん
神童寺は聖徳太子の創建で本尊の蔵王権現像は役行者がこの山で修行した時二人の神童の助力を得て刻んだと伝えられています。 大和の吉野山に対して北吉野山と号し、一時は付近の山一帯に二十六坊のお堂が存在したことが所蔵の絵図から伺えますが全山焼失してしまい、現在の寺領となってしまったようです。
修験者の霊地のため漂う気は鳥肌が立つくらいです
山の中のお寺になかなか行く機会が無いですが、秘仏特別開扉のイベントがあると「見なければ」と思い行けました
イノシシ含め良い体験が出来ました