坂本六地蔵巡り 麒麟がくるロス ~ 京都290 その3

坂本六地蔵巡り 麒麟がくるロス ~ 京都290 その2 からの続きです 比叡辻の地蔵尊から苗鹿地蔵尊に向かいます 途中に沢山の神社があり、比叡山の施設も見えます 11:10 聖衆来迎寺に到着。表門は、明智光秀が城主となった坂本城の城門を移築されたものと伝わっています。境内には、織田信長の家臣・森可成(蘭丸の父)が弔われ…
コメント:2

続きを読むread more

坂本六地蔵巡り 麒麟がくるロス ~ 京都290 その2

坂本六地蔵巡り 麒麟がくるロス ~ 京都290 からの続きです 眺望の良い県道を北に向かう途中、春霞の中に近江富士のきれいなシルエットが見えます 比叡大聖天 最乗院 梅の花が咲き始めです 流木?のオブジェ?タツノオトシゴ?オオサンショウウオ? 隣のお寺の敷地内に伝教大師の像が祀られています …
コメント:4

続きを読むread more

坂本六地蔵巡り 麒麟がくるロス ~ 京都290

麒麟がくる が終わってしまいました 光秀公が主役の大河が決定してからは、放送を今か今かと待ちわび、京都、滋賀のゆかりの地を何度も巡りました 2018年7月に小栗栖の明智藪にも行きました。現在は2018年9月の台風21号の被害を受け全く変わってしまいましたが最も光秀公を感じた地でした 過去記事は → こちら 麒麟がくるロスに襲…
コメント:2

続きを読むread more